hukuiken.png

一覧

偏差値公私高校学科
71藤島高等学校普通科
67高志高等学校普通科
66武生高等学校普通科
66武生高等学校理数科
64若狭高等学校文理探究科
63仁愛女子高等学校?普通科
62北陸高等学校特別進学

福井県

  • 概要
    人口758,291人
    人口密度181人/km2
    面積4,190.49km2
    県庁所在地福井市
    高校35校:28校、私立7校
    学区なし:2003年から
  • 人口
    順位都市地域区分人口
    1福井市嶺北263,109人
    2坂井市嶺北91,638人
    3越前市嶺北82,754人
    4鯖江市嶺北69,734人
    5敦賀市嶺南65,565人
    6大野市嶺北33,249人
    7小浜市嶺南29,262人
    8あわら市嶺北28,190人
    9勝山市嶺北23,186人
    10越前町嶺北21,519人

高校の序列と事情

  • 地方都市にありがちな公立高校天下県である。
  • 1960年代に学区が2つに減って以降、藤島高等学校が進学実績を大きく伸ばした。
  • 1980年代に学校群制度が導入され藤島高は高志高等学校と組み、両校の実績は拮抗する。
  • 2004年から学区制が廃止され、県内好きな高校を受験できるようになって以降、藤島高等学校が他校を大きくリードしている。
  • 福井県では、2005年度から美方、丹生、金津の各高校では、地元中学校と連携して、中学3年の段階から、各々の高校に入学を希望する生徒を対象に中高一貫教育を行う連携クラスを編成して、スムーズに高校教育に移行する福井型中高一貫教育(連携型)を導入している。
    • その流れの延長線上に、高志高等学校の併設型中高一貫化があった。
  • 2021年度入試で、福井県内の高校から現役、既卒者合わせて東京大学に27人、京都大学に24人が合格した。近年10~15人で推移していた東大合格者は大幅に増加した。合格者のうち、東大の学校推薦型選抜、京大の自己アピールなどを評価する特色入試は各3人で、いずれも過去最多となった。
  • 北陸地方では唯一関西の影響の強い地域であり、北陸新幹線が開通した現在も、関西への進学者は多い。そのため、東大よりも京大志向の方が強い。
  • 東大に手の届く高校としては上から三つ、藤島、高志、武生である。
  • 高志(廃止)や武生の理数科は普通科よりも偏差値が低いか同じ。1970年代半ばにトップ校の藤島高に対抗するために設置された。最初は普通科よりもレベル高かったらしいが、だんだんレベル下がって同校の普通科合格の点にちょっと足りない人の巣窟と化した。一方で若狭高校の文理科はうまく機能している。
  • 2020年、ついに公立高校の倍率が1倍を割った。:2020年度一般入試の志願変更が2月25日、締め切られた。全日制は募集人員3963人に対して3884人で確定し、平均倍率は0・98倍。全県1学区制を導入した04年度入試以降、初めて1倍を割った。少子化が続く中、近年は1倍をわずかに超える状況が続いていたが、これに新年度始まる私立高校の授業料実質無償化の影響が加わったとみられる。
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1035946

コメント

コメントはありません。 コメント/福井県の高校?

お名前: