hukusimaken.jpg

一覧

偏差値公私高校学科
71福島高等学校普通科
70安積高等学校普通科
68磐城高等学校普通科
67安積黎明高等学校普通科
66会津高等学校普通科
66橘高等学校普通科

福島県

  • 概要
    人口1,810,721人
    人口密度131人/km2
    面積13,783.90km2
    県庁所在地福島市
    高校108校:公立90校、私立18校
  • 人口分布
    順位人口
    1いわき市354,492人
    2郡山市338,834人
    3福島市297,357人
    4会津若松市131,389人
    5須賀川市80,364人

高校の序列と事情

  • 公立高校圧倒的優位であり、名門校へのこだわりはすさまじく、1980年代以前は中学浪人を輩出することが多かった。
  • 公立高校全日制普通科は地区毎の8つの学区制をとっていて、学区外進学は定員の20%の制限を受ける。
  • 福島市では福島高等学校、郡山市では安積高等学校、いわき市では磐城高等学校がそれぞれ実権を握っている。人口トップ3のこの三市にある三校が福島県では抜けているが、会津若松市では会津高等学校が優秀層を集める。
    • かつてはこの3校を福島県公立御三家と称したが、現在は磐城の凋落が激しく、入試難易度は比肩するが進学実績は大きく離されている。
  • 郡山市では安積高と安積黎明の偏差値はわずかしか違わないが、東大を目指すのであれば安積でないと現実的に厳しい。
  • 出身高校が非常に重要視される土地柄である。
  • 1960~80年代にかけて、特にいわき市では磐城高等学校、磐城女子高等学校へ入学できるかどうかがステータスとして非常に重要であった。
    • 「磐高、磐女に非ずんば人に非ず」
  • 学区撤廃の動きは常にあるが、県民の猛反対により阻まれている。
    • 福島県では県立普通科高校の全県一学区化を進めようとアンケートをした結果「時期尚早」との結果が出たため、隣接学区入学枠を20%に広げようとし、パブリックコメントを募集したところ1:26で枠の拡大に反対意見が多く出た。
    • 福島県民が「全県一学区制」に反対するのには、明らかな理由がある。福島県は太平洋側から、阿武隈高地と奥羽山脈を境として、浜通り、中通り、会津地方と3地方に分けられるが、これら3地方は文化的にも風土的にも異なっているにもかかわらず、廃藩置県に伴って1つの県としてまとめられたものである。なので、例えば宮城県に見られるような、県庁所在地を中心とした県としての一体感はあまりない。それゆえ、地元の将来のリーダーになるかもしれない人材は、地元の伝統校で養成したいという気風が各地方で根付いているのは恐らく間違いない。だから、地元に伝統校を持つ住民たちは、そのレヴェルが凋落する可能性のある政策に与することはできないのである。
  • 1970年代前半ぐらいまでは、高校受験をする郡山市の中学3年生のうち、大学に進学したい男子は安積高校に、女子は安積女子高校に、高卒で就職を希望する者は郡山工業高校や郡山西工業高校(2校は合併し、のちの郡山北工業高校)、郡山商業高校、保育科や家政科を有していた郡山女子高校(現・郡山東高校)などに進学していた。これが往時の郡山市の高校受験風景だが、その他の地域も大体同じであっただろうと予想される。
  • しかし1977年に郡山西高校跡地に郡山高校ができ、96年に定時制の安積第二高校があさか開成高校に、98年に郡山女子高校が共学化して普通科のみの郡山東高校になったように、全国的な大学受験生の増加に合わせて、市内県立高校も普通科や英語科などの大学受験に対応できる体制へと改編されていった。しかし、このように大学受験を志向する高校が増えても、郡山市およびその周辺地域における安積高校と安積女子高校の優位は一切揺らがなかった。
  • こうした別学の伝統校2強が絶えずヒエラルキーの頂点に居座り続けるという構図が変わったのは、01年安積、安積女子、磐城、磐城女子の、03年福島、福島女子、会津、会津女子の共学化によってであろう。これにより、安積黎明高校の数的にはともかく、質的な大学進学実績が落ちたのは間違いない。
  • 福島県教育委員会は、県立高校の普通科に医学や教員養成など新たなコース制を導入すると発表した。県立医科大学や福島大学などと連携し、体験学習や特別講座も行う。2022年度に9校、23年度に9校で導入する。新設されるのは医学、保健・医療、教員養成、福祉の4コース。
    • 2022年度に医学:福島、安積、会津、磐城の学区トップ校

コメント

コメントはありません。 コメント/福島県の高校?

お名前: