zeze.jpg

概要

分類公立
設立1898年
地域滋賀県の高校
所在地滋賀県大津市膳所2-11-1
形態共学
偏差値普通科:72、理数科:76
1学年普通科:360名、理数科:40名
HPhttp://www.zeze-h.shiga-ec.ed.jp/

解説

  • 滋賀県大津市に位置する公立校である。「ぜぜこうこう」と読む。
  • 1898年に「滋賀県第二尋常中学校」として開校した旧制中学校を前身とする。
  • 1学年440名いたマンモス校であったが、最近400名に削減された。
    • うち理数科40名である。理数科に入ると文系には行けないので要注意。
  • 2006年から独自問題を使用した特色入試を実施している。
  • 学力試験7割、内申書3割で評価するとのことである。滋賀県№1の高校である。
  • 毎年京大に50名以上、国公立医学部に20名以上が進学する。
    • 京大合格者は、公立高校では毎年全国1位争いである。2020年は60名で全国3位であった。
  • 公立高校の例に漏れず、レベルの割には医学部にはやや弱い。これは致し方ないだろう。
  • 理数科では、数学の授業でクラスを二分割して指導したり、課題研究と呼ばれる理科の自由実験課題を課すなどしており、京都大学や滋賀医科大学との連携実験や野外実習や実習旅行も実施されている。
  • 現役進学率の低さに難癖がつけられる。国公立医学部へ20名合格すると言っても、毎年半分以上が浪人生である。
    • 2020年度、国公立大学全体の合格者は157名であり、卒業生の4割程度である。
    • 浪人率の高さは、学校の雰囲気もあるとは思うが、授業進度の影響もある。
    • 数Ⅲが全て終わるのは高3の春で、これはまずまずのスピードで問題はない。
    • 理科と社会が問題。特に化学は、2年次から授業が始まることもあり、高3の12月まで範囲が終わらない。
    • このため、現役で京大や阪大に受かる層は理科ではなく数学で稼ぐパターンが多いように感じる。
  • 50%に登る異常な浪人率と、駿台予備校送りになる人が多いことから「4年制駿台附属膳所高等学校」「駿台への現役合格率100%」などと揶揄されている。
  • 膳所本町駅から100mであり、京都まで新快速で15分、大阪まで45分とアクセスは非常に良い。
  • 周辺は住宅地で、すぐ近くに丸亀製麺やマクドナルド 、コンビニがある。

進学実績

国公立医滋賀医東大京大
2021
202023
20192561350
20182441061
20172231266
  • 京阪大には強くても東大・一橋・東工大はあまり多くない。
  • 8割以上の生徒が国立第一志望。
  • 早慶MARCH、関関同立を狙うなら、それらの付属高に進むか、少しレベルを落とした高校で推薦を狙う方が賢明。
  • あくまで、「中学受験をし損ねた・しなかった秀才が、高校から難関国公立理系・医学部を狙うための高校」である。
  • 普通科でも7割が理系に進学する。
  • 膳所高進路指導課は「志望校を落とすなど論外」「推薦は本校には合わない制度」などと堂々と言い放つ。
  • ボリューム層は現役ならせいぜい立命館である。

参考文献:進路情報

高校生活

  • 勉学に関しては強制の度合いが少ないため、落ちこぼれる可能性も大いにある。
  • 校舎は比較的綺麗で、建物としてのデザインもらなかなか。図書館の充実ぶりは素晴らしく、マンガもかなりある。
  • グラウンド2個とテニスコート10面などもある。
  • 教室が広くて机が大きいため、ストレスなく勉強できる。
  • 数学に強い生徒が多く、数学を重視する雰囲気が校内に漂っている。
    • 予習が膨大であり、授業前に問題を解いておくことが必須である。そして、指名された人は黒板で解答を記載する。
    • 1年末は文理問わず、数1A全部、数2ほぼ全範囲、2年末は積分除く高校全範囲
  • 教師は7割方膳所高OBで占められており、京大出身者も多い。
  • 女子の制服は、セーラーかブレザーの2種類ある。

コメント

コメントはありません。 コメント/膳所高等学校?

お名前: