takasaki.jpg

概要

分類公立
設立1897年
地域群馬県の高校
所在地群馬県高崎市八千代町二丁目4番1号
形態共学
偏差値71
1学年280名
HPhttp://www.takasaki-hs.gsn.ed.jp/

解説

  • 高崎市に位置する群馬県2番手の進学校である。
  • 前橋高等学校と並び、地域のトップ校であり、出身者の中曽根康弘の影響もあって多少の全国的な知名度はある。
  • 群馬県尋常中学校群馬分校として創立し、120年以上の歴史を持つ。
  • 野球部は春の選抜甲子園に二回出場し、ラグビー部も国体優勝や花園出場歴があり、文武両道を成し遂げている。
  • 校訓は「3F精神」であり、アルファベットが混じるという大胆なフレーズである。
  • 別称は「高高」であり、高松高等学校と区別がつかなくなっている。
  • 2012年に「高高ショック」と呼ばれる「東大合格者が3名」という緊急事態が起きた。直近10年で最低値であり、OB会で教員が罵られることがあった。
  • そこから教育改革に乗り出した。
    • 医学部医学科の推薦入試受験者に対応して、週1回、座談会形式で過去問研究を行う。主に英語科の教員と理科の教員が指導にあたり、場合によっては卒業生にも参加してもらう。
    • 成績不振者への教科担任からの個別サポートや朝7時30分から随時行われるクラス担任との二者面談、主に国立二次対策としての添削指導など。
    • 「10時間マラソン学習会」を6月と10月に実施。10時間の学習を体験してもらうことで、家庭学習の充実を促す目的と、部活を引退した生徒がスムーズに受験勉強にシフトできるような環境も整えた。
  • その成果が出たのが2016年で、東大、国公立医合格者が13名ずつというとんでもない数値をたたき出し、教員は「今年のセンター試験の平均点はSSクラスに限っていえば、灘・開成と肩をならべるレベル」と嘯いた。
  • 「高高ショック」以来、高崎高校は「翠巒プロジェクト」という教育プログラムを構築し、詰込みでない思考力・問題解決能力を引き出す指導に注力してきた。

進学実績

国公立医群馬医東京京都
20211436
2020565
20191074
201883
2017
2016171313
20153
20148
20138

参考文献:http://www.takasaki-hs.gsn.ed.jp/sinro.html

高校生活

  • 1限が始まる前に再レベルな授業「朝補修」があり、生徒たちが学びたいっ科目を教師にリクエストする。
  • バレー部も春高バレーの予選で準優勝するなど強豪である。

コメント

コメントはありません。 コメント/高崎高等学校?

お名前: