kagosimaken.gif

一覧

偏差値公私高校学科
78ラ・サール高等学校普通科
74鶴丸高等学校普通科
樟南高等学校普通科文理
72鹿児島実業高等学校文理科
70甲南高等学校普通科
68池田学園池田高等学校普通科
67鹿児島中央高等学校普通科
鹿児島純心女子高等学校?普通科S特進
志學館高等部普通科
66尚志館高等学校特進科
65鹿児島高等学校英数科

鹿児島県

  • 概要
    人口1,581,326人
    人口密度170人/km2
    面積9,187.01km2
    県庁所在地鹿児島市
    高校90校:公立68校、私立22校
    学区7学区:鹿児島、南薩、北薩、姶良伊佐、大隈、熊毛、大島
  • 人口
    順位市町村人口割合
    1鹿児島市605,506人36.6%
    2霧島市126,368人7.6%
    3鹿屋市104,381人6.3%
    4薩摩川内市96,206人5.8%
    5姶良市77,033人4.7%
    6出水市54,176人3.3%
    ※2018年

高校の序列と事情

  • 本州の最南端で不便な場所であるが、有名な進学校もいくつかある。
  • トップはラ・サール高等学校であり、1960年代以降鹿児島県1位、全国レベルの進学実績を残している。ただ、一時100名を超えていた東大合格者数も、2000年代に入ると衰え、30-40人で推移するようになった。
  • 2位は鶴丸高等学校であり、ラサールの登場以前は鹿児島トップであった。安定的に国公立医学部30名、東大10名を出しており、鹿児島県の公立高校では抜けた1位である。
  • 3位は公立の甲南高等学校であるが、鶴丸との差は大変大きく、国公立医学部数名、東大合格者は出ない年もある。
  • 4位以下はまた更に離れて、鹿児島玉龍高等学校?加治木高等学校?志學館高等部などが団子状態である。池田学園池田高等学校は人数ベースでみると分が悪いが、卒業生60名の中に旧帝大数名が存在し、決して悪くはない数字だ。1990年代は東大合格者5名程度/年を送り出していたことを考えると衰えはあるかと思われる。
  • 樟南高等学校鹿児島実業高等学校はスポーツ系の高校であり、一部優秀な進学科の生徒が全国レベルの学力を保持する。40名~60名程度である。そのため、高校単位でみると国公立医学部の合格者は数名程度である。
  • 国立大学に行く意思があるのならば、少なくともラ・サール、鶴丸・甲南に入るべき。もし公立高校の受験に失敗したら樟南・鹿児島実業どちらかの進学コースには入るべき。中央・玉龍でギリギリセーフ。しかし、難関大は厳しい。
  • ラ・サールが一番、ラ・サールがダメならば鶴丸、鶴丸がだめならば、樟南や鹿実となる。偏差値はあまり変わらないが、樟南・鹿実よりも鶴丸・甲南の方が生徒のレベルは高い。というのも、公立に受かっても、あえて私立に行くという人はほとんどいないからだ。
  • 公立校は鶴丸か甲南かになるが、鶴丸は学区外からの受験があるのに対して、甲南を学区外から受験する生徒はいない。また、ラサールが男子校であるため、最上位層の女子は鶴丸を受験するため、鶴丸と甲南の差はより開く。
  • 加治木高校は世界的な超一流企業の京セラ(株)があるので、難関大学卒の御子息が入学してくる。また、霧島市役所の採用大学は京大、九州大学等の超難関なので、加治木高校や鹿児島第一高校の上位層は還流組だろう。
  • 大島学区は定員割れの常習犯であり、2019年は全高校が定員割れとなった。さらに、与論高校は女子1人しか応募がなかった。http://amamishimbun.co.jp/2019/02/15/16448/

コメント

コメントはありません。 コメント/鹿児島県の高校?

お名前: