概要

 1年次は武蔵境校舎、2年次以降は千駄木校舎での授業となる。立地条件がよく進級判定も比較的甘いため学生生活を楽しめる環境にある。

武蔵境キャンパス

日本医科大学武蔵境キャンパス

千駄木キャンパス

概要

構造地下1階-地上3階
教室講堂1、教室3、小教室3+部室10ぐらい
売店1つ
併設橘桜会館、日本医科大学付属病院、日本医科大学大学院棟
所在地東京都文京区千駄木1-1-5
アクセス千駄木駅7分、東大前駅8分、白山駅10分

 2年次以降のキャンパスである。隣には講演会やグループ学習などで使用する橘桜会館があり、道路を挟んで日本医科大学附属病院、日本医科大学大学院棟が併設されている。
 3階建てであり、総合大学と比べると驚くほど部屋数が少ない。学生が使用する講義室は4部屋。主に使用する学年は2〜4年生である。2、3年生が2階の2部屋を使用し、4年生が3階の1部屋を使用する。それぞれ110名程度の収容が限界の部屋。もう少し大きな部屋が2階にあるが、これは試験の際に全ての学年が使用する。
 文京区の閑静な住宅街にある。近くには根津神社があり、非常に静かな環境で過ごしやすい。上野まで近く、自転車で10分ほど。池袋、秋葉原にも自転車で20分ほどで行ける。また、谷根千と言われるように、下町の観光地でもある谷中もごく近隣に位置し、いつでも全国的に有名な観光地に行くことができる。東京医科大学東京女子医科大学は新宿に位置するという立地の良さがあるが、日本医科大学の立地はまた別の面でよいと言える。自動車での通学は禁止。自転車通学可。
 ただし、マイナスポイントとしては、構内に食堂がなく、近場に手軽に食べられる店もない(昼飯500円以下で食える店がかなり少ない)ことである。コンビニ飯や近隣の東京大学や東洋大学の学食を利用する者もいる。

講義室

 3人掛けの長テーブルで、環境は悪いと言える。3人掛けであるが、3人座るとかなりきつい。2人で使用するのがベストと思われる。さらに、机にはカードリーダーも置いてあり、スペースが狭い。

地下

 地下1階は学生の共有スペースであり、小さな売店もある。6年次にはグループ毎に小部屋が割り当てられるが、その部屋は主に地下1階にある。また、パソコンも15台ほどおいてある。2〜6年生のロッカーも地下室にある。治安はいいのだが、なにせ整理が出来ない人が多く、物をなくす人が多い(どこの大学でもそうだろうが)。
 2016年より1年生用のロッカーが新設された。部活動などで1年生から千駄木の校舎を利用することが多くなったため。
 トレーニングルームと呼ばれる部屋がある。ベンチプレス、スクワット、デッドリフトはできる。非常に汚い。汚すぎるため殺菌灯が増設された。使い方が乱雑であるため、鍵を貸し出して使用する形式に変更された。

周辺環境

 千駄木キャンパスの周辺環境に関して記述する。最寄駅は3駅(千駄木駅、東大前駅、白山駅)であるが、どの駅からも徒歩5〜10分程度とアクセスは悪い部類に入る。この沿線に住んでいればまだマシであるが、千葉方面からの通学は乗り換えが必須である。

居住区

 一人暮らしの場合はキャンパス周辺に住むこととなるが、千駄木地区は家賃の高いことで有名である。観光地でもあり雰囲気はいいところもあるが、千代田線しか使用できない不便さがある。自転車圏内であれば駒込駅、本郷三丁目駅・後楽園駅、西日暮里駅、田端駅辺りまで候補地を広げることができ、いずれも複数の路線が使用できる駅である。なおかつ千駄木地区と比較するとこの3駅は家賃も安く、山手線の外側を選択すればさらに安くあげることができる。外側の場合は通学にはやや遠くなり、2-3kmの距離、自転車で10-20分となる。この辺りからであれば、自転車で上野10分、池袋25分で到着できる。銀座も自転車で行こうと思えば40分である。

千駄木駅

 最もキャンパスに近い地区である。近くて通学には便利だが、住宅が密集していて家賃が高いことがデメリットである。礼金2ヶ月がデフォルトである。古くからの住宅街であり、マンションも値段の割に汚いものが多い。千駄木の坂の上は一軒家の住宅街なので、多くは不忍通り近辺の坂下のマンションから探すこととなる。その辺りならばマルエツがあり、食材調達は便利である。この辺りは大学には近いのだが、坂下の場合は千駄木駅しか使用できないため、通学以外のことは不便である。  

本郷三丁目駅・後楽園駅

 本郷三丁目駅は隣接する東京大学を抜けたところにあり、丸の内線・大江戸線が使える。日本医大から徒歩で20分、自転車で10分弱程度であり通学しやすい。
 後楽園駅はさらに池袋方面へ坂を下ったところで通学時坂を登る必要があり辛いかもしれない。両駅とも千駄木並に家賃が高い。ただし全国的な観光地でもあり環境は良く、東京ドーム、ラクーアなどがある。小型のスーパーも多く買い物には困らない。

西日暮里駅

 東京都荒川区となる。山手線と千代田線を使用できる。使うことはないと思うが、日暮里舎人ライナーもある。駅周辺は飲み屋街である。飲み屋街と言っても飲み屋以外の飲食店も充実しており、松屋、マック、ドトール、家系ラーメン、立ち食い寿司がある。ただし、半径1kmぐらいにはスーパーはない。
 線路外側の西日暮里5丁目交差点を渡ると住宅街となる。西日暮里駅は線路が高架となっており、線路の外側に出る労力は少ない。それでいて家賃が安いため、この辺りであるならば山手線の外側に陣取りたいところである。周辺にはスーパーが乏しいため、通学途中のマルエツやサミットで買い物をしてから帰るというスタイルになるであろう。開成高校が近くにある。

駒込駅

 東京都豊島区である。山手線と南北線を使用できる。西日暮里駅、千駄木駅と比較すると大学からは最も遠い。しかし、本郷通りを直進して来れる場所であるならばスムーズであり高低差もないので、通学の労力は少なくなる。その本郷通側(北口)と反対側(東口)では様相が異なる。本郷通側は明るく賑やかな印象であり、反対側は静かな印象である。繁華街と住宅街の差であり、どちらがどうということではない。反対側には田端銀座商店街があるが、学生が使用することはあまりないだろう。線路の外側を3分程度走ったところに北区滝野川図書館があり、自習もできる。

田端駅

 東京都北区となる。京浜東北線と山手線を使用できる。これを2路線と言っていいか微妙なところではあるが、川口方面に行く用事のある時は便利である。また、東京方面から帰宅の場合はどちらに乗っても到着できるため、混雑を避けることができる。これが駒込駅の場合は京浜東北線が伸びていないし、西日暮里駅の場合は快速が止まらないしで、田端駅だけが享受できるメリットである。
 田端駅の場合は山手線の外側を選んでしまうと坂を越えなければいけなくなり、距離の割に通学はなかなか大変になる。内側でも比較的安く、田端駅から駒込病院の間にマンションが多く建っているためその辺りで選択することになるであろう。この辺りの場合はスーパーが少なく、COOPぐらいしかないところが不便である。
 勉強をする環境としては決して悪くはなく、住宅街であり静かなところである。近くにも田端図書館や本駒込図書館がある。ただし、しのばず通り近くになってしまうと交通量が多く、騒音が気になるかもしれない。

入学直後

 第一週は3日間に及ぶ「引き渡し」といわれる部活紹介→飲み会が行われる。飲み会は、新入生が気に入った部活にお邪魔するという形を取る。3日間あるので3つの部活の雰囲気を見ることができる。基本的に全員参加。

TOEFL

 1年次に課せられる。入学直後に試験がある。進級、というより英語の単位取得にTOEFL-ITPの点数が考慮される。450点以上でクリア。それ以下の点数の人は半年に一回ぐらい強制的にTOEFLの受験をさせられる。入学直後に実施されるので、受験の感覚を失っていなければクリア可能な点数である。

進級

 進級は全国の医学部の中でも上位クラスに入るぐらいにかつては緩かった。当時は1学年0〜3人程度の留年者数であったが、2009年の国試の成績が悪かったため、徐々に学生への締め付けが厳しくなっている。新カリキュラム(2014年度入学者以降)を導入して以来、1・2年生で10名以上留年者を出しており、締め付けはきつくなる一方である。(※学生証をICチップ内蔵にして以降、代返ができない授業が増えつつあり、出欠確認も厳しくなりつつある。この方針に反対の先生方もおり、先生によっては代返可能。ただし1年生は代返可能な授業はない。)
 出席方法が2017年度から学生証と出席票をランダムに混ぜる形となり、前述の通り年々締め付けが厳しくなっている。また、現在の学長は、試験の際に過去問を流用することをかなり反対らしいが、講師・教授側からは、「問題を毎年作り変えるのは面倒で且つ大事なところを試験に出したいのだから問題を作り変えても結局出題する問題は同じになる」との反対意見があり、学長と、講師・教授陣・生徒との対立は避けられないと思われる。5、6年次に学年のビリ1〜20番目までの成績を取ってしまうと、強制/任意でMEC(国試対策の予備校)行きとなる。
医学部長交代のため2018年度から仮進級が復活し留年数が減り、以前のような進級基準が緩い部類に戻っている。1→2、2→3も5人程度まで留年が減少。

留年数

年度1→22→33→44→55→66→卒
201965121722
201868002925
20171610254643
20161812358147
20151110623436
20141210233131
201336591226
201228415424
201113135619
201044264525
200904101612
2008140641025
200724040717

参考文献:https://www.nms.ac.jp/college/introduction/releaseinfo/college_r2info.html

 2013年以前は留年者が各学年5人を超えるとそれはかなり多い部類に入った。概ね3人程度であり、6学年合わせて15人前後に落ち着いていた。2014年以降はカリキュラム変更のために留年者が倍増し、特に1→2年で10人以上の留年者を出している。これは以前では全く考えられないことで、旧カリキュラムでは1年次は部活動に勤しむ学年という位置づけであった。
 医学部長交代のため2018年度から仮進級が復活し留年数が減り、以前のような進級基準が緩い部類に戻っている。1→2、2→3も5人程度まで留年は減少している。2019年度の判定も緩かった。

  • 日医 4年 4(放校1) 5年 4(休学込み) 6年 6(放校1) 123年生は月曜日発表 再受験や病気による休学、出席不足を込みで計45人が進級できなかったと聞いています。真偽は不明ですが(2017年度)。
  • 新カリキュラムになって1→2、2→3が厳しくなったな。データ見ると今年卒の代(2016年度)は1→2留年0,2→3留年4とかじゃん。

放校制度

  • 1学年を2回留年すると放校になる。
    • つまり、同じ学年を3回することはできない。
  • ただ、放校と言っても完全に大学との縁が切れるわけではなく、約10か月後に実施される試験に合格すれば復学できる。
  • その試験は甘い。
  • 復学の意志があればそれほど苦労もなく復学できる温情放校システムになっており、これまで何人もの放校者が復学している。
  • 2021年3月に放校になったとすると、2021年秋から冬頃の試験を受け、2022年4月に復学できる。

学年別カリキュラム

新カリキュラム

 2014年度入学者より実施。4、5年生のBSL病院実習期間が70週以上に引き上げられたのが大きな特徴である。
 新カリキュラムでは、1年次は二学期まで一般教養、3学期より基礎医学講座が始まる。2年次の一学期で解剖が行われ、解剖期間中はほぼ毎週試験がある。この期間が6年間の中で一番きつい。3年次の一学期まで基礎医学の講義があり、二学期から臨床医学(コース講義とSGL)が始まり、4年次一学期まで続く。新カリキュラムの最大の特徴なのだが、4年次の一学期が終わる段階でCBTとOSCEが行われる。受かれば(基本的には受かる)Student Doctorの称号が与えられ、その後70週以上に渡るCC(病院実習、いわゆるポリクリ)に臨む。5年次もBSL。6年次は選択BSLがあり、その後はほぼ自習で国試の勉強をする。
 旧カリキュラムと比較すると、全ての過程が約半年前倒しされているため学生の負担は大きい。以前は、臨床医学科目は4学年時に全て行い、毎週月曜日に科目毎のテストを実施していた。これならば知識の鮮度がいいうちに試験を受けられるため、勉強の負担は少なかった。しかし、新カリキュラムにより、3学年2学期から臨床科目が始まり、テストも学期最後にまとめて行うため、負担は非常に大きい。
 補足だが、3年次一学期終了後に研究配属と言う、3週間程度、大学院の研究室に入って研究活動をしたりする。研究室によっては厳しさ・忙しさは大きく異なる。楽な研究配属であれば週1回1時間程度で終わり、空いた時間を勉強にあてることができる。
 新カリキュラムを導入して以来、留年する人が大幅に増えた。1年生で10名前後、2年生で20名前後留年した(2016年度現在)。2014年度入学者については110名程度入学したのにも関わらず、3年次の段階でストレートで進級しているのは90名程度で、非常に可哀想な事態となっている。新カリキュラム処女学年が今の3年生(2016年度)で、4年次以降はあくまでも学校発表の予定であって実際どうなるかは不明。医学部長の交代もあってか3→4、4→5は両学年とも留年0となった(2019年現在)

1年次

 以前は一般教養科目のみであったが、2月から骨学実習や生命科学等の基礎医学系科目が始まることとなった。
 特に注意する科目はないが、英語は2教師体制であり、リーディングとスピーキングに分かれる。スピーキングの授業は英語のみで行われ、教師が話したことに対して挙手をして答えることで点数が加算される。そのため、積極的に人前で英語を聞きとり、話さなければいけない。
 入学式の翌週、講義開始前にTOEFLが課される。450点以上を取らなければ再試験となる。4月中旬頃には体力テストが行われる。
 スポーツ科学実習という名の体育がある。選択授業なので安心を。テニス、筋トレ、野球、ゴルフ等から前期一つ、後期一つを選択する。

4-5年次病院実習

 BSL(Bed Side Larning)がCC(Clinical Clerkship)に名称変更となった。国際的にはCCの方がメジャーだからとの理由。ポリクリの期間は70週以上に増えた。CCでお世話になる病院が様々な理由から千葉北総病院が外れ、千駄木、武蔵小杉、多摩永山の3病院になると内部生の間では噂になっている。
 2017年度より、4年次から本格的にCCの導入となった。4年次10月からの開始となり、前年度と比較すると+5か月の実習となる。5年生と同時に回るため、診療各科に10名近くが滞在することとなり、一人当たりの学習効率は落ちる。
 CCの開始時期が早まることと相まって、OSCEの実施時期も2月→9月となった。8月下旬から本来の夏休みを潰してOSCE対策授業を受けることとなる。従来と比較すると2週間は夏休みが減っているのではないだろうか。さらに加えて、CBTが8月22日近辺で行われる。これにより、従来は夏休みは試験後で完全フリーであったものが試験対策に追われることとなる。

卒業試験

 4回行われる。以前は3回であり、1回目は関係なく、2回目3回目で判定をするシステムであった。

旧カリキュラム

 2年、5年はやや進級判定が厳しく5人程留年するが二桁留年はない。(2013年度は休学を除くと2年での留年が6人、5年での留年が5人だった。)実は6年生が一番暇で、旅行に行く人・遊びまくる人が多い。

4年次

 毎週月曜日に臨床科目のテストあり。1年で25個程度の試験をこなし、それとCBTを加えたものが進級判定の材料となる。総合試験はない。不合格者は追試。CBTが1月に行われる。下位5人程度が不合格。OSCEは2月。今のところOSCE留年は出ていない。2月に2週間程度の病院実習があり、その後OSCE。実質OSCEの勉強期間として実習であり、午前中で終了したりする。

5年次

5年次は1年間実習をこなし、3月に進級をかけての一発勝負の総合試験がある。

病院実習

 BSLの名称で実施。1年間4人班で回る。そのため、メンバーはかなり重要。班員の決定は、名簿番号を基本とし、成績に偏りがないように調整される。回る病院は4つ。千駄木、武蔵小杉、多摩永山、千葉北総。そのため、同じ救急という科を回るにしても、4つの病院それぞれで実習内容が異なるため、実習プログラムの選択は重要。千葉北総に行く場合、大抵の人が往復で2000円以上必要となるため、病院の寮(病院内が綺麗にも関わらず、寮はかなり汚い)に泊まることになる。

6年次

 2012年以前は6月中旬までの病院実習が終了すると卒業試験以外フリーであったが、2013年から7月に1か月間の授業が行われることなった。これは、国試の成績アップと学生が外部の研修施設に見学に行けないようにすることの2つが目的がある。しかし、授業内容としては非系統的であり、日替わりの担当の先生が臨床経験を話す場で終わってしまっている。9月と10月に卒業試験。卒業試験は比較的国家試験の傾向に近く、卒業試験の勉強が国家試験とリンクする。他大学にありがちな教授の一人よがりな問題は少ない。

成績優秀者

  • 学長賞
    在学期間を通じ、学業成績が特に優秀で、人物にも優れた者1名
    →6年間1位
  • 同窓会賞
    在学期間を通じて学業成績が優秀で人物にも優れた者3名
    6年間の1位〜3位
  • 桜賞
    自主的学術、研究活動において特に優れた成績を収めた個人、団体
  • 千駄木賞
    その学年の成績1位

2021年卒の6年間の成績上位3人のうち2人は再受験生であり、再受験生が学長賞と同窓会賞を取得している。

部活動

  • 新丸子キャンパスがあった頃は盛んであった。
  • 1年次の運動部入部率は非常に高く、9割は何かしらの運動部に所属していた。
  • 多い部活で男女合わせて6〜8人が所属している。
  • 他大学の例にもれず、メジャー競技は厳しいところが多い。これは当然であるが、メジャー競技ほど高校以前の経験者が多いため、競技に対するモチベーションも高いためであろう。ただ、いきすぎた理不尽さも併せ持つので、雰囲気のチェックは忘れずに。
  • 入学直後は勉強や部活に対する意識が高いため、厳しい部活に入ろうとする傾向にあるが、いったん立ち止まって考える必要がある。特に浪人生は開放感からかその傾向にありがちである。
  • 1年次はメジャー系競技の勢力は強いが、4年生頃になると部活を辞めている人も多く、好きなマイナー系競技をのんびりとやっている人が充実感を出していることもある。
  • 部活動に入らなくても過去問はもらえる。
  • 2009年にダンス同好会が設立され、のちにダンス部となり、現在では一大勢力となっている。
  • 新入生勧誘期間だけは優しくする部活もある。詐欺なんじゃないかと思われるが、新入部員を獲得するために正当化されている。
  • 部活動勧誘期間は2ヶ月程度であり、この期間は一年生に対して異常に優しくなる。一年生は順次「入部宣言」をして活動を開始する。誰が入部宣言をしたとかは初期の頃はクラスで話題となる。
  • 結局のところ、好きでもないスポーツの部活には入る必要性はない。部活に入らないと試験や学生生活がやばいみたいな風潮を出されるが、単に勧誘したいだけである。5-6年の入部率を調べてみるといい。5割を切っている。
  • 医学生は「勉強も運動もこなす」というプライドがあり、部活に入らなければいけない強迫観念を生じるが、入らない方がアルバイトや私生活の幅は広がる。

各部活の印象

(部外者より)

  • 野球:武蔵小杉の練習場がなくなっても強くて2019年も東医体優勝。練習はガチ。マネは他大の医学生好きが来ている。
  • サッカー:リア充系
  • 硬式テニス:かつては規律が理不尽であったが最近はマイルドになってきている?リア充とヲタの中間層。
  • 軟式テニス:意外と強い。チャラ系とヲタ系が共存している。
  • 弓道:初心者が多い。週3日?意外と練習日は多いが、初心者には優しい。
  • ダンス部:設立されて10年程度だが、学内では一大勢力になっている。背伸びしたい層には最適!
  • 卓球:ヲタ系
  • ラグビー:部員が足りない。マッチョ好き女子がマネ。
  • 陸上:個人で活動
  • バスケ:ヤンキー
  • バレー:真面目

新病院建築

日本医科大学の新病院設立

マッチング

 日本医大に残る学生が少ないことが特徴。卒業生の7割以上が外病院へ出る。附属病院はそれほどきつくもなく、環境としては悪くはないと思うが。大学側も学生流出を懸念して様々な施策を施しているが、今のところは効果なし。ただし、3年目には大部分の人が大学に戻ってくる。初期研修で大学に残る人は成績下位の人が中心であり、意欲的に研修したい人は外に出ることをお勧めする。
 日本医科大学といえば救急医療。3次救急を病院実習で見ることができるのは貴重である。特に北総はドクターヘリも完備しており、千葉の救急医療の要となっている。これを面接でいえばそこそこ好印象なはず?である。「なぜ日本医科大学か」という質問にマッチする。

附属病院

  • 千葉北総病院、多摩永山病院、武蔵小杉病院
  • いずれも千駄木から1時間以上かかる。実習で訪れる際には一苦労である。
  • それぞれ別個で研修医を募集し、本院との行き来はある程度自由にできる。

飲食店事情

  • 徒歩圏内の飲食店は少ない。
  • 根津神社の通り沿いにある旬悦という和食屋に行っている人は多いが、これも選択肢がないためである。
  • 自転車県内であれば白山駅、東大前駅、千駄木駅まで行けるので不自由しない。
  • 千駄木駅になか卯はあるが、徒歩6-7分かかるためやや不便である。もう少し近いところでタイ料理屋などもあるが、好みは分かれるであろう。
  • 新病院ができ、2017年から院内のコンビニや飲食店が使用できるようになった。
  • 東大前駅に二郎系インスパイアのラーメン屋があり、この辺りでは人気である。
    • ただ、実際のところは味が薄く、土地に恵まれただけで過剰人気である。接客も悪い。
  • MCキッチンというインドカレー屋が病院の向かい側にある(根津神社側)。徒歩1分であり、当直中にも買いに行ける。味もまあまあであり、何よりほとんど客がいないことがメリットである。

無給医問題

  • https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200429/k10012409891000.html
    • 「無給医」が新型コロナ患者の診療に従事 日本医科大病院
  • 上記NHKの記事のように、日本医科大学では大学院生の無給医問題が深刻である。
  • そのため、同大学の有志が無給医に関してのアンケートを実施するなど、問題に立ち向かっている。
  • 今回の調査では、アンケートに回答してもらった8割の大学院生が無給医であったとの結果であり、その待遇を改善すべく動いている。
  • さらに、無給医の半数以上が新型コロナウイルスの診療に従事しているという問題もある。
  • 確かに、無給医で働かされているにもかかわらず、「休むためには休暇の申請をして上司の伺いを立てなければいけない」「生活費確保のためにアルバイトに行き過ぎると医局内で陰口を叩かれる」など、「無給だけど毎日来て当たり前」の雰囲気のある医局もある。
  • 医局によっては大学院生は研究のみ、または週1回の外来のみ(もちろん無給)というところもあり、これは待遇としては非常にいいほうだ。
  • ブラック医局が廃止されない限り、大学が批判され続けるであろう。

診療科

耳鼻咽喉科

  • 入局者は0か1でじり貧。
    • 近年は1か2?増えているかも。
  • なかなかの体育会系で、外勤後も大学に戻って業務をしなければいけない。
  • 「あいつはいい年してまだ学生か」という発言を部長クラスがしており、再受験生の入局はお勧めできない。また、面接官として当たったら不運として諦めること。
    • この発言はY島医師のものであり、現在は大学を離れている。そのため、医局でのプレッシャーや大学受験時の面接での再受験生に対してのマイナス採点はされることはない。

麻酔科

  • 坂本理事長のおひざ元
  • 女性の入局者が非常に多く、女性だけでも毎年10名を超える。

放射線科

  • まったり。
  • 読影レポートの内容は薄い。

眼科

  • なぜか人気の診療科であり、入局者は定員締切となることも多い。
  • 大学勤務の枠が足りないため、初年度から派遣に出される場合やバイトの枠を多めにもらえるなどする(=給料が高くなる)

救命救急科

  • 学生や研修医へのパワハラで幾度となく問題となっている。

皮膚科

  • 女医3人組が本館から医局にかけて患者や他科の医師の悪口を言いながらノロノロと歩いていることが何度も目撃されている(2021年)。
  • 当直時のコンサルやヘルペスの患者の笑い話など、守秘義務に関して医師法違反ではないかとの疑いもある。

日本医科大学大学院

  • 毎年150名程度が入学するが、近年は入学者が増えている。
  • 学位授与件数は毎年50名程度。
  • 学費:25万円/年
  • 2018年以前は純粋な無給大学院生がほとんどであったが、無給医問題が明るみになってからは「社会人大学院生」という枠を増やして無給医を減らしている。ただ、これも実態は専修医の大学院生であり、安月給であることには変わりない。
  • 入学者と学位授与件数
    総在籍者学位授与うち論文博士
    2020200
    20191805220
    20181654013
    20171534019
    2016139319
    20151504411
    20141554720
  • そこそこちゃんと審査しているようだ。
  • 学位授与審査がザルでは大学院の価値が落ちるため、しっかりと審査する必要がある。4年間での学士取得率は40-50%程度である。
  • 2017年頃からEラーニングや講義も多く入るようになり、1-3年じは受講とレポート作成の負担はまずまずある。1年に10-20程度のレポート提出が必要となる。
  • 2016年以前は殆ど講義なくレポートもなかった。
  • ただ、卒業要件としては査読ありの英文雑誌に掲載されることであり、それほど難易度は高くない。
  • https://www.nms.ac.jp/college/gradschool/introduction/examination.html
  • これに対して、順天堂大学医学部の学位授与率は98%であり、修業年限内の授与率もほぼ同程度であり、もはや形骸化した無意味な博士課程である。これで医学博士を名乗っていいのだろうか。
  • 日医において、学位申請時の手続きは無駄の極致であり、論文を60部、その要約を70部コピーして提出しなければいけない。何十年前の話だというところである。そのうえで、結局は元データをPDFで提出する。それならば、計何百枚もの印刷はさせるなよという感じである。さらに、そのデータの提出は、事務に直接出向いてUSBメモリ経由でしなければいけない。メールでの送付でOKにしろよ。おそらく、何百枚もの印刷物は使用していない。それだけの閲覧者がいたとしても、データをメールで配布すればいいわけだし、単に非効率的なことを再考する力が大学にないだけである。相変わらず無駄がやめられない大学である。

私立医学部受験情報wikiの編集における制限

2020年10月27日現在、本サイトにおける日本医科大学のページ編集は凍結されており、wikiサイトとしての役割を喪失している。この措置は間違いなく、特定のサイト訪問者が荒らし行為を行っていることに対する防御策である。可及的に本サイトの秩序が取り戻されることを願いたい。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 万が一にも順天・慈恵とかと迷っているなら間違いなくそっちに進学するほうがいい。3学期制だから春休み短いし、教育が本当に酷いので -- [afb1030a] 2018-03-24 (土) 19:11:31
  • ↑途中だった。ここ数年の国試合格率低迷みれば教育が酷いと分かるはずです。卒後はどうなのかは知りませんが在校生の間は学内に勉強場所もなく本当に地獄です。 -- [afb1030a] 2018-03-24 (土) 19:13:54
  • 再試料1万円は頭おかしいです。留年を減らすわけでもないというのに。再試料ビジネスでも始めるつもりなのでしょうか?母校がおかしすぎて愛校心のかけらもありません。 -- [3dcd68cd] 2018-07-13 (金) 03:34:40
  • 結局再試料2千円のままだよ。前医学部長のOZWが更迭されたから間違いなく留年減るしね。 -- [7e984953] 2018-07-13 (金) 10:51:01
  • 因みに慈恵も現在の再試料5千円から値上げされるらしい。 -- [7e984953] 2018-07-13 (金) 10:52:04
  • いや1万円です。そのぶん落ちる人数へったみたいですが -- [316167da] 2018-08-02 (木) 19:14:45
  • OZW教授が医学部長を辞任したのは事実ですが、留年を増やしているのは学長なので。。。去年の進級判定会議で留年生を減らそうとしたのもOZW元医学部長です。1年性も2年性も -- [6fefa22c] 2019-03-22 (金) 13:52:13
    • 辞めるの? -- [3162a3a8] 2019-12-02 (月) 11:43:23
  • もともと40人、25人留年だったところを半分くらいに減らされたわけですし。医学部長交代後の今年でも、6年生は10人ほど留年させられてます。他の学年が今年どのくらい留年したのかはまだ知らないですが。OZW教授はどう思っているんでしょうねぇ。このコメ欄ものぞいているらしいですが。 -- [6fefa22c] 2019-03-22 (金) 13:56:56
  • ? -- [01480164] 2019-03-22 (金) 14:20:30
  • 6年生の留年は0ですよ。出願した人が全員国家試験受けてますよね。 -- [afb10501] 2019-03-24 (日) 20:44:31
  • 国試出願前に留年させてるよ、今年の留年6年は10前後で間違いないよ -- [7c54edcd] 2019-03-25 (月) 09:50:35
    • 国家試験は卒業しないと受験できない。つまり卒業留年は無い。 -- [7adb3cd2] 2019-04-16 (火) 06:58:45
      • じゃあ安心だなw -- [7adb3cd2] 2019-11-09 (土) 12:06:16
  • 去年、硬式テニス部が試合放棄とかあったみたいだけど、何があった? -- [7ee9dcee] 2019-05-27 (月) 11:50:02
    • 未成年の飲酒が何故か告発された -- [7a103797] 2019-06-02 (日) 16:19:29
      • どの大学の陰謀だろうか。。。。 -- [999cd476] 2019-06-02 (日) 16:34:25
  • 無給医&不正入試の他大じゃないの。 -- [77adea70] 2019-10-01 (火) 06:19:02
    • 4か月後にのんびりとレスw  -- [7ea51c98] 2019-10-01 (火) 08:31:01
  • なんかバグってるのか知らないけど、日医だけコメントできない -- [6a9a20e4] 2020-02-08 (土) 17:53:59
  • 進級厳しいまま? -- [7eec50bc] 2020-02-09 (日) 23:58:02
    • ものすごくゆるい -- [6fefafb4] 2021-01-12 (火) 09:39:48
  • いま進級すごい緩くなった。特に3,4までストレートできたらあとはほぼ自動的に進級 -- [31616254] 2020-03-13 (金) 01:50:52
    • いいな。今年の国試も良かったし、しばらくは天国か -- [7e794040] 2020-03-24 (火) 01:26:07
  • 順天堂と日医ならどっちがいいのかな -- [99a8562a] 2020-03-13 (金) 07:38:51
    • 順天堂! -- [dd7477f1] 2020-04-16 (木) 19:05:13
    • 迷う -- [6fefb57c] 2021-01-12 (火) 09:36:44
  • 日医の1択。 -- [7a13b4fb] 2020-03-13 (金) 10:52:05
    • 良ければ理由も教えて下さると嬉しいです! -- [99a8562a] 2020-03-13 (金) 10:58:34
      • 入試もクリーンだし歴史ブランドあって国際認証も取れてる。一方順天は国試に準じた教育が強み。 -- [316285c1] 2020-03-14 (土) 21:54:58
      • 順天堂に進学する上で一番ネックなのは不正入試の件もあるが医学部が国際認証取れてないこと。順天堂卒業してもこれからアメリカで働けなくなる可能性すらある。世界基準満たした医学部でないので海外では医者扱いされない。因みに国内で認定取れてるのは全国80校中26校。私立は慈恵、日医、自治医、慶應、大医とか数校のみ。東京医大は不正入試で外された。順天堂も取得目指してたけど同じく不正入試のせいで取得はかなり先になりそうだね。 -- [7e230468] 2020-03-14 (土) 22:53:19
      • nikkei.com -- [7e230468] 2020-03-14 (土) 22:54:04
      • 順天堂板より。順天堂だと海外で医者をできない可能性あり。女性差別は世界的に敏感な話題だからもう順天取れないんじゃないの? -- [7e230468] 2020-03-14 (土) 22:55:24
      • だから、順天か日医か慈恵だったら日医か慈恵に行った方が良い -- [7e230468] 2020-03-14 (土) 22:56:02
      • 順天の繰上げがまわるよう、一緒にお祈りしますね。 -- [7c23a43e] 2020-03-15 (日) 11:09:34
      • 過去の歴史を見れば一目瞭然。元は慈恵よりムズイ大学だった -- [b43fb508] 2020-04-16 (木) 16:33:28
    • んなこたぁない、順天がいいに決まっとる。面倒見がいいし国試もいい、酒々井も最高や!だからみんな順天にしなさい! -- [dee0d3a9] 2020-03-15 (日) 08:53:34
      • 大医と日医ならどっち選びますか? -- [31625e4b] 2021-03-22 (月) 03:03:23
  • まともな診療科がないな。いい医局はあるの? -- [7ec7d655] 2020-12-28 (月) 10:17:28
  • ここはコロナ下でも強制登校させる学校(在校生に確認済み) 学生が感染したらどう責任取るんだろう -- [729ef77a] 2021-03-25 (木) 18:15:57
    • コロナ禍 -- [7ec146c6] 2021-03-25 (木) 18:18:10
    • まあ、それは仕方ないんじゃないか。そもそも実習もやってないし、ある程度の登校は必要であろう -- [7e06320f] 2021-03-25 (木) 22:15:03
    • 下1/4に入ってる人はだいたい遊び歩いてるよ -- [7295a7cf] 2021-03-31 (水) 12:41:31
お名前: